歯周病治療 | 国立駅南口から徒歩3分の国立深澤歯科クリニック

歯周病治療

歯周病は成人80%がかかっている生活習慣病

歯周病は成人80%がかかっている生活習慣病

歯周病は痛みがなく、気がつかない間に進行している病気です。歯と歯ぐきの間にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える骨が無くなっていき、最後には歯がなくなってしまいます。35歳を過ぎると80%以上の方が歯周病にかかっています。(厚生労働省調べ)
歯周病の怖いところは初期段階は痛みがないため自分が歯周病になっていることに気付かないということです。固い物が噛みにくい、口臭がする、歯と歯の間に物が挟まるようになったなど、自覚症状が出てきた時には思っている以上に症状が進行していることです。

歯周病の症状「歯肉炎~軽度歯周炎」

歯周病の症状「歯肉炎~軽度歯周炎」

歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)という細菌のかたまりがたまり、歯肉に炎症が起きた状態。骨は溶けていませんが歯茎から出血することがあります。歯と歯肉の溝は病的に深くなりポケットと呼ばれるようになります。度歯周炎になると歯肉だけでなく歯槽骨にも炎症が進み、歯根の1/3まで溶けた状態です。歯周ポケットは4mm程度でほとんど痛いみはありません。

歯周病の症状「中等度歯周炎」

歯周病の症状「中等度歯周炎」

歯根の2/3以上骨が溶けた状態でポケットは7mm以上になります。歯を指で動かすと大きく揺れたり、食べ物を噛むのが難しくなったり、場合によって歯が抜け落ちてしまいます。他にも歯茎から膿が出ることもあります。

歯周病の症状「重度歯周炎」

歯槽骨が1/2程度溶ける状態です。ポケットは5~7mm程度で歯がグラグラしたり、腫れや痛みを感じるようになります。

歯周病は全身の病気とも関係してきます

歯周病は全身の病気とも関係してきます

歯周病が糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化など全身の病気と関わっていることも明らかになってきています。日々のブラッシングと定期検診時のクリーニングで汚れをしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことで歯周病の予防にもなり、全身の健康を保つためにもとても大切なことなのです。

お気軽にご相談ください

歯周病は痛みがないので自分が歯周病にかかっていることに気付かないことがほとんどです。口臭が気になりだした、朝起きると口の中がネバネバする、冷たい物がしみる、歯を磨くと血が出るなどの症状は歯周病の可能性があります。成人の方皆様に、虫歯などの早期発見を兼ねた定期検診で歯周病のチェックを行うことをお勧めします。
お問い合わせや来院の際には「ホームページを見た」とお伝えください。スムーズに対応できます。

ホワイトニングキャンペーン
ホワイトニングキャンペーン

診療メニュー

Access Map

東京都国立市東1-15-34 2F

Consultation hours

急な痛みにも出来る限り対応します TEL 042-501-5544

診療時間/曜日
10:00-13:00 ×
14:30-19:00 × ×

初診の方専用

国立深澤歯科クリニックに電話予約する
Page Top
©2014 国立深澤歯科クリニック