矯正歯科 | 国立駅南口から徒歩3分の国立深澤歯科クリニック

矯正歯科

国立深澤歯科 の矯正治療

笑顔と健康のために

歯並びは見た目だけでなく、健康にも大きな影響を与えます。
歯が正しい位置にないことで噛み合わせがずれ、顎(あご)の発育・発音・肥満・コンプレックスなど、心と体に悪い影響を与える原因となります。
特に顎の骨の成長と歯の生え変わる小学生の時期に歯並びを整えることで、歯・心・体が健康に育つ良い状態に整えることができます。

国立深澤歯科 ブレース

歯並びが原因で!?

①歯並びが悪いと歯と歯の隙間に汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
②歯が正しい位置にないことで、舌や頬などを噛んだり傷つき口内炎ができやすくなります。
③噛み合わせのバランスが悪くなることで、歯を支えている歯ぐきや骨が崩壊していく危険性すらあります。


子どもの矯正

国立深澤歯科 イラスト2

いつ矯正すればいいの?

矯正治療には、まだ永久歯が生え揃っていない時期の「第一期治療」(8~10歳)と、全ての永久歯が生え揃った時期の「第二期治療」があります。
治療を始める時期はお口の中の状態で変わってきますが、受け口(下のアゴが前に出ている状態)の治療ですと、3歳から治療を始めることも可能です。

国立深澤歯科 口呼吸

歯並びを悪くする生活習慣

指しゃぶりや口呼吸、柔らかい食べ物ばかり食べることが習慣化してしまうと歯並びを悪くするリスクが高まります。
指しゃぶりは4~5歳までにやめることができれば歯並びが自然と正しい位置に戻ろうとするので特に問題ありませんが、5歳を過ぎても指しゃぶりをやめれない場合、矯正治療が必要になる可能性がとても高くなります。
また、近年の柔らかく加工された食品は食べやすい反面、噛む回数が減り、幼いお子様の舌や口の筋肉の成長を遅らせる原因になり、歯並び悪化リスクが高まります。

国立深澤歯科 矯正中の食事

矯正中の食事について

取り外しのできる装置を使って治療を行っている場合は普段と同じ食事で大丈夫です。
食事をするときに装置を外して頂ければ何も問題もありません。

ワイヤーなどの装置を使って治療を行っている場合は、歯にくっつきやすい「おもち」や「グミ」などは装置の隙間に食べかすが残りやすいので控えた方がよいですが、無理に食事制限をしてお子様のストレスを増やす原因になるようでしたら普通に食べても問題ありません。
食べ物に気を使うことは大切ですが、何より大事なのは食後の歯磨きです。
装置の隙間や歯と歯の間をしっかり磨きましょう。

国立深澤歯科 矯正イメージ3

治療後のメンテナンス

歯は矯正が終わると元の位置に戻ろうとします。
治療後1番大事になるのがこの後戻りの防止です。
治療が終わったことで安心し後戻りの防止を怠ってしまうと、今までのがんばりが水の泡になってしまいます。
歯の位置が定着するまでの間、もうひとがんばりしましょう。

歯並びを整えお口と身体を健康に

矯正に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
矯正治療は症状や治療法によって治療期間や費用が変わってきますので、まずは1度、矯正相談を受けることをお勧めします。
矯正相談は無料ですのでいつでもご連絡下さい。分かりやすくご説明させていただきます。

ホワイトニングキャンペーン
ホワイトニングキャンペーン

診療メニュー

Access Map

東京都国立市東1-15-34 2F

Consultation hours

急な痛みにも出来る限り対応します TEL 042-501-5544

診療時間/曜日
10:00-13:00 ×
14:30-19:00 × ×

初診の方専用

国立深澤歯科クリニックに電話予約する
Page Top
©2014 国立深澤歯科クリニック