保険治療と自費治療の違い | 国立駅南口から徒歩3分の国立深澤歯科クリニック

保険治療と自費治療の違い

「歯医者さんは高い」という言葉をよく耳にします。

歯医者さんは料金表がある訳でもなく、保険診療は保険点数といった皆さんには分かりづらい料金設定なのでそのようなイメージを持たれているのかもしれません。

厳密には、確かに医院設備や治療の方法などによっても医院ごとに若干違うので診療報酬(料金)は変わってくるので人によっては捕らえ方が変わってきてしまうのかもしれません。

ただ、
基本的には当院は保険診療を前提に治療しているので、国民皆保険、つまり国民の皆さんが保険をつかって治療に来られる場合には、国が定めた保険の範囲内で使う材料や手法で治療をするので本来の治療費の3割(一部負担金といいます)で治療が可能です。

保険と自費治療なにが違う?

簡潔に言えば、保険で行う治療は国が定めた一定水準の材料と手法で治療をするので、健康を維持する上で必要な内容で治療するというルールになっています。ですので、歯科医師の技術や知識がいくら高く専門医だとしても使って良い材料や技術・手法には制限があります。

自費、つまり保険を使わない自由診療での治療は保険治療のような制限がありません。
ですので、材料(たとえば保険では銀歯になるところを、銀より精密で密着度の高い「金歯」にするなど)も自由に選べます。
はっきり言えば自由診療での治療の方が治療費は高いですが歯のためには断然良いと言えます。

ですが、歯医者さんも患者さんと同じ「高い・安い」が分かりますから、無理に自由診療を進めるのはちょっと気が引けます。
1つの「治療法方の選択肢として」、ご提案させていただくことが多いです。

もちろん、「これは保険の治療では長く使えないなぁ」という時には、分かりやすく丁寧にご提案、ご説明を心がけます。

当院の問診表にも、
・保険での治療を希望
・選べる治療法があれば自費の説明も希望
などの選択肢をご用意して、患者さんのご希望を伺っております。

もし、自由診療の説明も希望する場合は受付時や歯科医師にお気軽にお申し付け下さい。
もちろん、選ぶのは患者さんですから、ご検討いただいてから決めていただいても大丈夫です。

ホワイトニングキャンペーン
ホワイトニングキャンペーン

診療メニュー

国立深澤歯科 受付の雰囲気

自費治療(自由診療)をご希望の方へ

歯を白くするホワイトニング、
自分の歯のような自然な仕上がりにするセラミックなどの審美治療、
失った歯を補うインプラントや自費の入れ歯作製にも対応しております。

基本的には保険治療を行いますので、ご希望のある方はお気軽にご相談ください。
患者さん目線で分かりやすくご説明します。

Access Map

東京都国立市東1-15-34 2F

Consultation hours

急な痛みにも出来る限り対応します TEL 042-501-5544

診療時間/曜日
10:00-13:00 ×
14:30-19:00 × ×

初診の方専用

国立深澤歯科クリニックに電話予約する
Page Top
©2014 国立深澤歯科クリニック