歯を失う原因とは? | 国立駅南口から徒歩3分の国立深澤歯科クリニック

歯を失う原因とは?

歯を失う原因はむし歯だけではありません。
歯周病はひどくなると歯が抜けてしまいます。

歯周病とは歯と歯茎の間に汚れが溜まって歯茎が腫れ、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
ですが、痛みがあまりないので気づきにくいので注意が必要です。
進行すると歯周ポケット(歯と歯肉の境目)がどんどん深くなり、
歯を支える骨がとけて歯がぐらぐらしてきます。

≪歯周病になりやすくなる原因≫
・歯にたまったプラーク
・歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
・不適合な冠や義歯
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・薬の長期服用
などがあげられます。

≪むし歯になってしまう主な原因≫
・歯の汚れの磨き残し
・細菌(ミュータンス菌)
・糖質
など歯の質によってもさまざまです。

歯は削ったり、抜いてしまうともとには戻せません。
ですから、進行しないように定期的な検診と正しいセルフケアが大切です。
歯医者さんで歯と歯茎の間の歯石除去をすることで歯茎を引き締め歯周病を予防・改善しましょう。

ホワイトニングキャンペーン
ホワイトニングキャンペーン

診療メニュー

国立深澤歯科 受付の雰囲気

自費治療(自由診療)をご希望の方へ

歯を白くするホワイトニング、
自分の歯のような自然な仕上がりにするセラミックなどの審美治療、
失った歯を補うインプラントや自費の入れ歯作製にも対応しております。

基本的には保険治療を行いますので、ご希望のある方はお気軽にご相談ください。
患者さん目線で分かりやすくご説明します。

Access Map

東京都国立市東1-15-34 2F

Consultation hours

急な痛みにも出来る限り対応します TEL 042-501-5544

診療時間/曜日
10:00-13:00 ×
14:30-19:00 × ×

初診の方専用

国立深澤歯科クリニックに電話予約する
Page Top
©2014 国立深澤歯科クリニック